ネット総合病院の公式サイトのご案内

ネット総合病院の公式サイトのご案内

薬のネット通販ならネット総合病院

ネット総合病院の公式ホームページでは医薬品の個人輸入の注文代行を行っています。個人輸入の注文代行をご利用にならない場合の手続きは海外の薬局やバイヤーと取引を行うことになり、日本語が通じないことが多く、ほとんどの方が不便だと感じるのでネット総合病院のような注文代行を依頼する一般的になってきています。
またネット総合病院ならお支払いもクレジットカードや国内の銀行への振り込みで済ませることができるのでお手軽です。注文代行をご利用にならない場合には海外の薬局やバイヤーが指定する海外の銀行口座に振り込みというケースがほとんどです。

 

 

日本人の方からすると海外の銀行に振り込みを行うことに高いハードルを感じる方が音も多くいらっしゃいます。しかし、ネット総合病院をご利用いただくことでお支払いもとても簡単に行うことができるようになります。

 

 

ネット総合病院で指定することができる支払方法には、クレジットカード・銀行振込(国内)・電子マネー・コンビニ支払いから選ぶことができます。クレジットカードはVisa、Master、JCBがご利用になれます。ネット総合病院をご利用になる方はレジットカードでお支払いをされる方が多いようです。他の支払い方法をご利用の場合はご利用手数料が発生することがあります。ネット総合病院では支払手数料はご注文者にご負担いただいています。

 

 

日本からもたくさんのご注文いただけるようになりました。まだご利用になられていない方に個人輸入を利用するメリットをご案内します。一番大きなメリットは医薬品を安く購入することができることでしょう。同じ薬でも海外で製造されている医薬品は材料費や人件費などが違うので安く流通しているのです。個人輸入を利用すると現地の価格のままで日本から注文をすることができます。

 

個人輸入することが認められている医薬品の条件は2つあります。まず一つ目が日本において所持や使用が禁止されていない医薬品です。二つ目が海外の医療機関が流通を認めている医薬品です。この条件に当てはまる医薬品なら個人輸入にて注文することができます。

 

海外で製造された医薬品には安全でないというイメージを持つ方も少なからずおられるようですが、基本的に医薬品は海外で生産されたものも日本で生産されたものも含まれている成分に違いはありません。それでいた流通価格には違いがあります。

 

 

個人輸入のもう一つのメリットとしては、日本で未入荷の医薬品でも購入対象となることです。個人輸入では日本国内での所持や使用が禁止されていない医薬品であれば、新薬でも注文することができます。最新の医薬品なども個人輸入を利用することで購入することができるということです。ネット総合病院を利用される方の中には、新しく承認されたジェネリック医薬品を求められる方が多いです。

 

ジェネリック薬の承認は日本よりも海外の方が断然早く、世界的に見てもジェネリックについて日本は後進国です。日本でまだ承認作業中もジェネリック医薬品でも個人輸入を利用することで、商品されたばかりのジェネリック薬でも日本から取り寄せることができます。

更新履歴
このページの先頭へ戻る